脱毛施術後に保冷剤が使われる意味

脱毛施術後に保冷剤が使われる意味

脱毛の施術が完了した場合にはサロンやクリニックで保冷剤や冷却ジェルを使って肌の冷却が行われることになるのですが、独特のひんやりとした感覚がどうしても慣れないという人は少なくありません。
最近のサロンなどではこうした冷却処置を付けない代わりに値段が安くなるなどのプランを用意していることもあるため、冷却が苦手な人はそうしたプランを選んでしまいがちです。



しかし脱毛の施術後に保冷剤を使った冷却が行われることにはしっかりとした意味があるというのは知っておくべきです。



ではその意味は何かというと、これは脱毛施術で火照っている肌を休めることです。

現在の脱毛というと光を使って毛根を熱で破壊する方法が主流なのですが、熱が毛根に加われば当然肌も熱を持ちます。
この肌が熱を持った状態はあまり肌に良くなく、体質によっては炎症が発生して赤くなってしまうことがあるのです。

もし肌が強くて炎症も起きたことが無いということであれば心配はいりませんが、判断が付かない、過去に肌が赤くなったことがあるということであれば、多少追加料金がかかったとしても冷却はしっかり行ってもらうべきでしょう。またこうした冷却ケアと併せて知っておきたいのが、施術後の入浴についてです。
ここは各サロン・クリニックで必ず指導される部分ですが、基本的に脱毛をした日の入浴は極力避けた方が良いでしょう。



もともと熱を持っている肌にお風呂でさらに熱を加えるとなるとかなりの負担になってしまいますから、シャワーで軽く汗を流す程度にとどめておくのがベストです。

いくらしっかりと施術が出来てもその後のケアがおろそかになっていると効果も半減してしまいますから、しっかりとしたアフターケアを心掛けてください。

Copyright (C) 2016 脱毛施術後に保冷剤が使われる意味 All Rights Reserved.